サタデー・ナイト・フィーバー

サタデー・ナイト・フィーバー

4月15日(金)より新宿ピカデリー他にて全国順次公開中!4月15日(金)より新宿ピカデリー他にて全国順次公開中!

  • 予告編
  • オリジナル予告編
  • 笠井信輔さんからの応援メッセージ
  • 戸田奈津子さんからの応援メッセージ
  • LiLiCoさんからの応援メッセージ

INTRODUCTION

あの煌めき、あの感動が
デジタル高画質でスクリーンに甦る!!

溌溂として自立した若いヒロインが、恋をしたり、葛藤したりしながらダンサーになる夢をひたむきに追いかける青春ダンス映画の金字塔『フラッシュダンス』が、《4Kデジタルリマスター版》でスクリーンに甦る!
ペンシルベニア州ピッツバーグ。18歳のアレックスは、昼は製鉄所の溶接工、夜はナイトクラブのダンサーとして働きながら、プロのダンサーになることを夢見て練習に励んでいる。しかし、いざ名門ダンス・カンパニーの入団オーディションを受けようとすると気おくれしてしまう。そんな中、製鉄所の社長ニックと恋に落ちるアレックス。ニックは彼女の夢を応援するが……。
オーディションで4000人以上の中から選ばれた主演のジェニファー・ビールスのフレッシュな魅力が全開。監督は、スタイリッシュな映像で知られ、その後もアカデミー賞®6部門ノミネート作『危険な情事』(87)などセンセーショナルな話題作を手がけているエイドリアン・ライン。製作は、本作以降、『トップガン』(86)などでヒットメーカーとなるジェリー・ブラッカイマーとドン・シンプソン。
音楽は、『ミッドナイト・エクスプレス』(78)でアカデミー賞®作曲賞を受賞したジョルジオ・モロダーが担当。彼が作曲し、『フェーム』(80)でスターになったアイリーン・キャラが歌う主題歌「フラッシュダンス~ホワット・ア・フィーリング」はアカデミー賞®歌曲賞を受賞。ほかにも、同賞に同時にノミネートされたマイケル・センベロの「マニアック」などスーパーヒット曲の数々にのせて繰り広げられるダンスシーンは、斬新かつダイナミックで圧巻。ハリウッド映画で初めてブレイクダンスを取り入れた作品ともなった。
音楽監修は、ポール・サイモン、ビリー・ジョエルら大物ミュージシャンの作品をプロデュースしたフィル・ラモーン。ドナ・サマーら人気アーティストが豪華に集ったサウンドトラック・アルバムはグラミー賞®に輝いた。 音楽が、ダンスへの情熱が、スクリーンから迸る!

STORY

ペンシルベニア州ピッツバーグ。昼は製鉄所の溶接工、夜はナイトクラブのダンサーとして働く18歳のアレックスことアレクサンドラ(ジェニファー・ビールス)は、元倉庫に愛犬グラントと住んで自活し、プロのダンサーになることを夢見ている。同じ店でウェイトレスをしている親友ジェニー(サニー・ジョンソン)はプロのフィギュアスケーターを、また彼女の恋人でコックのリッチー(カイル・T・ヘフナー)はスタンダップコメディアンを目指している。
正式のレッスンを受けたことのないアレックスにとって、唯一の師であり相談役でもあるのが元ダンサーのハナ(リリア・スカラ)だ。アレックスの才能を買っているハナは、名門ピッツバーグ・ダンス・アンド・レパートリー・カンパニーの団員に応募するよう勧めているが、アレックスにはその勇気がない。一度は願書を取りに行ったものの、バレエのレッスンを積んだ志願者たちを見て自信を失くしたのだった。

そんなアレックスだが、ナイトクラブでは見事なダンスで客たちを魅了している。製鉄所の社長ニック(マイケル・ヌーリー)もそのひとりだったが、彼が食事に誘うと、「ボスとは食事しない主義なの」ときっぱり断るアレックス。一方、ストリップクラブを経営するジョニー・C(リー・ヴィング)はアレックスを引き抜こうと狙っていたが、下品な振る舞いで彼女を怒らせ、逆に恥をかかされる。腹いせに待ち伏せしてアレックスに襲いかかるジョニー・C。そこに立ちはだかったのはニックだった。アレックスはようやくニックの誘いに乗り、ふたりは恋人同士になる。
ダンスに情熱を燃やすアレックスは、恋愛にも情熱的だった。ハナとバレエ公演を観に行ったアレックスは、女性同伴のニックを見かけ、嫉妬に駆られて彼の家の窓ガラスに石を投げつけて割る。だが、完全な誤解で、女性はニックの元妻ケティ(ベリンダ・バウアー)だった。仲直りしたアレックスとニックは高級レストランでデート。タキシード姿でニックを挑発するアレックスは一段と魅力的で、ケティに遭遇しても自信にあふれていた。その夜、昔は貧乏でジョニー・Cと盗みを働いたこともあると打ち明けるニック。上流階級のケティと結婚したが失敗だと悟り、本当にやりたいことをやることにしたのだという。そのためにはどうすればいいの? アレックスが訊くと、ニックの答えは「深呼吸してジャンプする」。
ニックに背中を押され、アレックスは再び入団願書を取りに行き、応募。果たしてアレックスはオーディションで独自のダンスを披露し、夢への一歩を踏み出すことができるのか―?

CAST

《アレックス・オーウェンズ》

ジェニファー・ビールス

《アレックス・オーウェンズ》ジェニファー・ビールス

1963年12月19日、米国シカゴ生まれ。名門イェール大学を優等で卒業。在学中に、オーディションで4000人以上の中からアレックス役に選ばれて映画デビューを飾り、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされた。
その後の出演作に、アレクサンダー・ロックウェル監督の『父の恋人』(89)と『イン・ザ・スープ』(92)、サミュエル・フラー監督『デンジャーヒート 地獄の最前線』(90)、ナンニ・モレッティ監督『親愛なる日記』(93)、『ミセス・パーカー ジャズエイジの華』(94)、『フォー・ルームス』『青いドレスの女』(95)、『アニバーサリーの夜に』(01)、『ニューオーリンズ・トライアル』(03)、清水崇監督『呪怨 パンデミック』(06)、『ザ・ウォーカー』(10)、『白い闇の女』(16)、『アフター』(19・配信)、またTVシリーズ「Lの世界」(04~09)、「96時間 ザ・シリーズ」(17~18)、「Lの世界 ジェネレーションQ」(19~)などがある。

《ニック・ハーリー》

マイケル・ヌーリー

《ステファニー》カレン・リー・ゴーニー

1945年、米国ワシントンDC生まれ。TVドラマ「マンハッタン特捜官」(77)やTVシリーズに出演した後、『フラッシュダンス』で本格的に映画進出。『ヒドゥン』(87)でシッチェス・カタルーニャ国際映画祭男優賞を受賞。そのほかの出演作に、石橋凌、ヴィゴ・モーテンセン共演『ヤクザVSマフィア』(93)、『小説家を見つけたら』(00)、『ターミナル』(04)、『あなたは私の婿になる』(09)、『チョコレートドーナツ』(12)などがある。

FILMMAKERS

《監督》

エイドリアン・ライン

1941年、英国ピーターバラ生まれ。ロンドンで育つ。CM監督として経験を積み、また2本の短編(いずれもロンドン映画祭に正式出品)を監督した後、ジョディ・フォスター主演の青春ドラマ『フォクシー・レディ』(80)で劇場用長編デビュー。2作目の『フラッシュダンス』の大ヒットで世界的に知られた。その後の作品に、ミッキー・ロークとキム・ベイシンガー共演の官能的なラブストーリー『ナインハーフ』(86)、アカデミー賞®で監督賞を含む6部門にノミネートされた衝撃のサスペンス『危険な情事』(87)、アヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭観客賞・批評家賞を受賞したスリラー『ジェイコブス・ラダー』(90)、『幸福の条件』(93)、ナボコフ原作『ロリータ』(97)、『運命の女』(02)がある。最新作は、パトリシア・ハイスミスの小説「水の墓碑銘」をベン・アフレックとアナ・デ・アルマス共演で映画化した『Deep Water』(22)。

《音楽》

ジョルジオ・モロダー

1940年、イタリア北部ドロミーティ山地のヴァル・ガルデーナ生まれ。ディスコ・ミュージックの先駆者と称される音楽プロデューサー、作曲家。「愛の誘惑」(75)などのドナ・サマーの大ヒット曲をはじめ、多くの世界的ミュージシャンのヒット曲を手がけてきた。自身もアーティストであり、DJでもある。 映画では、『ミッドナイト・エクスプレス』(78)でアカデミー賞®作曲賞を受賞。また『フラッシュダンス』の主題歌「フラッシュダンス~ホワット・ア・フィーリング」と、『トップガン』(86)の主題歌「愛は吐息のように」で同賞歌曲賞を受賞。音楽を担当したそのほかの作品に、『アメリカン・ジゴロ』『フォクシー・レディ』(80)、『キャット・ピープル』(82)、『スカーフェイス』(83)、『ネバーエンディング・ストーリー』『エレクトリック・ドリーム』『メトロポリス』(84)、『オーバー・ザ・トップ』(87)、『フェアーゲーム』(88)、『ワンダー・アンダー・ウォーター 原色の海』(02)、『レディ・ガイ』(16)などがある。

《主な使用楽曲》

サウンドトラック・アルバム収録曲

♪フラッシュダンス~ホワット・ア・フィーリング
(FLASHDANCE… WHAT A FEELING)
歌:アイリーン・キャラ
作曲:ジョルジオ・モロダー/作詞:キース・フォージー、アイリーン・キャラ
♪ヒー・イズ・ア・ドリーム(HE'S A DREAM)
歌:シャンディ
作曲・作詞:シャンディ・シナモン、ロナルド・マグネス
♪フラッシュダンス愛のテーマ(LOVE THEME FROM FLASHDANCE)
演奏:ヘレン・セント・ジョン
作曲:ジョルジオ・モロダー
♪マンハント(MANHUNT)
歌:カレン・カモン
作曲・作詞:ダグ・コトラー、リチャード・ギルバート
♪レディ、レディ、レディ(LADY, LADY, LADY)
歌:ジョー・エスポジト
作曲:ジョルジオ・モロダー/作詞:キース・フォージー
♪イマジネイション(IMAGINATION)
歌:ローラ・ブラニガン
作曲:マイケル・ボディカー、ジェリー・ヘイ、フィル・ラモーン
作詞:マイケル・センベロ
♪ロミオ(ROMEO)
歌:ドナ・サマー
作曲・作詞:ピート・ベロット、シルヴェスター・リーヴァイ
♪甘い誘惑(SEDUCE ME TONIGHT)
歌:サイクルV
作曲:ジョルジオ・モロダー/作詞:キース・フォージー
♪アイル・ビー・ヒア・ホエア・ザ・ハート・イズ
(I'LL BE HERE WHERE THE HEART IS)
歌:キム・カーンズ
作曲・作詞:キム・カーンズ、デュアン・ヒッチングス、クレイグ・クランプ
♪マニアック(MANIAC)
歌:マイケル・センベロ
作曲・作詞:マイケル・センベロ、デニス・マトコスキー
オリジナル・サウンドトラック情報はこちら

THEATER

4月15日(金)より
新宿ピカデリー他にて全国順次公開中!

劇場前売り券・当日券 好評発売中!

デジタル鑑賞券の購入はこちら

デジタル前売り券の購入はこちら

上映劇場

※2022年8月12日時点の情報です。

北海道

地域 劇場名 前売券 上映日
北海道 ディノスシネマズ旭川(2K) 7月29日(金)~

東北

地域 劇場名 前売券 上映日
宮城 MOVIX仙台(2K) 9月9日(金)~
福島 まちポレいわき(2K) 8月5日(金)~

関東・甲信越

地域 劇場名 前売券 上映日
東京 船堀シネパル(2K) 10月28日(金)~

中部

地域 劇場名 前売券 上映日
富山 ほとり座(2K) 8月20日(土)~

近畿

地域 劇場名 前売券 上映日
兵庫 パルシネマしんこうえん(2K) 9月11日(日)~